三茶TRIP 三軒茶屋在住の女性による三茶のグルメ・ショップ・街情報

カフエ マメヒコ 三軒茶屋

三軒茶屋 CONCEPT 三軒茶屋 ABOUTUS 三軒茶屋 CONTACT 三軒茶屋 TOP

三軒茶屋 三軒茶屋トリップとは

三軒茶屋 CONTENTS

三軒茶屋エリア専門の不動産情報 三茶住宅

三軒茶屋のフォトライブラリー 三茶的風景

三茶TRIP 過去のコンテンツ

三軒茶屋の街情報募集!

三軒茶屋 食べる・飲む
三軒茶屋のカフェ・スイーツ・レストランの情報をお届けします。

カフエ マメヒコ  【カフェ】

グルメ #013
三軒茶屋おすすめスポット カフエ マメヒコ
三軒茶屋おすすめスポット カフエ マメヒコ
三軒茶屋おすすめスポット カフエ マメヒコ 三軒茶屋おすすめスポット カフエ マメヒコ
 
 
■このお店のランチ情報はこちらから
三軒茶屋 ランチ情報
 
■気持ちのいいオープンエアスポットはこちらから
三軒茶屋 オープンエア
 
■このショップのスイーツをこちらでも紹介しています。
三軒茶屋 スイーツ一覧へ
 
■その他のグルメスポットはこちらから↓
三軒茶屋 おすすめグルメスポット一覧へ
気になる豆専門カフエ
「マメヒコ」って、おもしろい名前ですよね。実はコーヒーを逆さにして「ヒコ」だから「マメヒコ」。マメヒコの豆たちはみんな北海道からやってきました。オーナーの井川氏が豆農家出身の焙煎師菊地さんに猛烈ラブコールして「マメヒコ」が始まったそうなんです。なんと北海道では注文を受けてから焙煎し、焼けたらすぐに届けられるんですって。しかも10日で飲みきる量を見込んだ分だけ。コーヒー豆ひとつをとっても語りつくせないほどのストーリーがあるんですね。店内にはガラス瓶に入った豆たちが…まるで宝石みたい。一粒一粒大事に育てられてきたんですね。軽食やデザートのお豆にも「マメヒコ」みんなの思いが隠されています。ここには色んな人が訪れます。みんな、のんびりくつろぎに集まってくるんです。マメヒコが大好きな影山さんという人は、地元西国分寺に「クルミドコーヒー」っていうカフェを創っちゃったそうです。もちろん、井川氏の応援のもとに。「マメヒコは豆と人とのつながりを大切にしているんです」と店長さんは言います。だからここはとっても居心地がいいんですね。(わんちゃんも日向ぼっこ、喫煙もできる道沿いのテラスもとってもステキ。)月に一度、世田谷観音朝市(※)にも参加しています。朝市限定スイーツも販売。ゆっくり座ってコーヒーもいただけますよ。「マメヒコ」は、地元に密着し地元の人々に親しまれるカフエです。 (chihiro)
 
 
(※)残念ながら、現在、世田谷観音朝市への出店は都合により休止しております。
カフエ マメヒコ
所 在 地 世田谷区太子堂4-20-4 【MAP】
営業時間
/定休日
平日 8AM〜9PM
土日祝9AM〜9PM(LO 8:30PM)/火曜
T E L 03-5433-0545
W E B 店舗HPはこちら
備 考 表示は全て税抜です。

2016年9月より席料がかかります(11AM 300円/2PM 350円/6PM 400円/以降 450円、土日祝は平日の50円増、席料が無料になる定期券発行中)。

隣で「マメヒココーヴァイヴ」やってます。宇田川町店、公園通り店もあります。
三軒茶屋 一覧へもどる 三軒茶屋 PAGE TOP
プライバシーポリシー 三軒茶屋 リンクについて 三軒茶屋 お問い合わせ   Copyright (C)2012 三茶TRIP All Rights Reserved.
  パートナーサイト   駒沢公園倶楽部自由が丘℃マンスリーマンション 東京・神奈川・横浜・埼玉 快適マンスリー明和住販流通センター