• ライブレポート
  • 三軒茶屋で開催されているイベントやスクールなどに、実際に取材スタッフが参加。
    その模様をみたまま、感じたまま出来るだけナマのままお伝えするのが「ライブレポート」です。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

開催:2016/3/5~21  取材:2016/3/5・10  文 : ナオミ

時間をめぐる?めぐる時間?ん~一体どんな展覧会なんでしょう?毎日時間に追われている現代人に必要な展覧会のような気がして…気になります。せわしい現代で生活している自分を見つめ直すのにいい機会も~と思い覗いてきました。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

メイン会場の4階と生活工房ギャラリーの3階を使用した大規模な展覧会。なのに開催期間は2週間だけとは寂しい‼

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

「わ~すごい‼」実は一見詳細がよくわからなかったけど…とにかく一目見てそう感じました。だって広いスペースに縦横めいっぱい使った作品は1枚の写真に入りきらないんですもん。この空間だけで世界の一年の流れを表しているんですよ。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

下の円は右回りに1月から12月を1つの円で表し自分の今いる三茶をど真ん中にして中から世田谷~東京~関東~日本~海外と外の円に向かって1年の月日の流れを表してます。単発の事柄は上からつるして表示されてます。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

星(太陽&地球)の律動に合わせて1日、1月、1年の律動へ。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

いろんな国の一日と題し10分から20分くらいの映像を流したブースが5つ。せっかくの機会だから全部観ちゃいました。ブースの中はそれぞれタイトルのイメージにアレンジされてます。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

(左上から)「浮島の一日」はティティカカ湖の浮島でペルー南部高地/「羊飼いの山の一日」はマラムレシュの羊飼いで山の一日/「サン族の砂漠の一日」はカラハリ砂漠キャンプの一日/「市場の一日」はネパール・カトマンドゥのバザール

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

「ラマダン月の一日」はイスラムの断食~トルコ・カバコズ村。これが一番興味ありましたね。断食は年齢で違ってて低学年が給食を食べてる姿を高学年が羨ましそうに眺めてる姿が印象的でした(笑)。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

3階の生活工房ギャラリーでは月日の流れを感じるいろんな自然のものが展示されていました。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

年輪、丸くなった石ころ、さび、結晶になった岩塩。どれも長い年月がかかってできるものですね。時間をどう味わうか考えさせられた展覧会でした。