• ライブレポート
  • 三軒茶屋で開催されているイベントやスクールなどに、実際に取材スタッフが参加。
    その模様をみたまま、感じたまま出来るだけナマのままお伝えするのが「ライブレポート」です。

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

取材日:2016/01/31  文 : ナオミ

世田谷通りと国道246に挟まれた、今では三茶の顔となる通称・三角地帯。もちろん知っていますし、よく通るエリアですが、考現学?な~んて書いてあったら生活圏内だけに興味津々で行かずにはいられない‼世田谷生活情報センター、生活工房ギャラリーにて早速初日に覗いてきました。エリアの割にはかなり盛りだくさんな内容が凝縮されてますよ。

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

そもそも考現学とは?「現代人の生活ぶり、あるいは現代世相を後世に残し伝えるための絶好のもの」三軒茶屋再開発の話が出てることもあり2ヶ月かけて調査されたんですって。

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

記録にまつわる展覧会は老若男女が楽しめる内容ですね。

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

やっぱりまずは三角地帯の歴史からの調査をしますよね~。三茶の街サイトを作ってると古い老舗のお店で教えてもらうこともありました。

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

11月~1月の間でビックリするいろんな調査をされてます。生活エリアなのにわからないことがい~っぱい!!

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

1人の人が三角地帯をどう通り抜けて行くのか?なんていう三角地帯のいろんな歩き方を実際に調査してたとはすばらしい!! 私も日によってぷらぷらと通り方を変えますもん。

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

三角地帯のお通し?ビール?ウイスキー?飲み屋さんが集結している三角地帯ならではのこんなユニークな調査も。

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

何時ごろに何歳ぐらいの方がどんな格好で歩いてるのかなんてかなりマニアックな調査結果で実に面白い!!自分自身もいろんな時間に歩いてるからな~(笑)。

「三軒茶屋三角地帯考現学」展

かなりはまった調査記事はコレです。30代エッセイストのしまおまほさんが銭湯千代の湯に入るテーマなんですが、入る前の持ち物準備をすべて三角地帯で調達しようってのが実に愉快な内容なんですよ。同じ女性として共感できました(笑)。