三茶TRIP 三軒茶屋在住の女性による三茶のグルメ・ショップ・街情報

三茶ブラプラプロジェクト第3弾インタビューコンテンツ 代表篠塚忍×三茶TRIP

三軒茶屋 CONCEPT 三軒茶屋 ABOUTUS 三軒茶屋 CONTACT 三軒茶屋 TOP

三軒茶屋 三軒茶屋トリップとは

三軒茶屋 CONTENTS

三軒茶屋エリア専門の不動産情報 三茶住宅

三軒茶屋のフォトライブラリー 三茶的風景

三茶TRIP 過去のコンテンツ

三軒茶屋の街情報募集!

三茶ブラプラプロジェクト第3弾 インタビュー

三茶ブラプラプロジェクト第3弾 インタビュー

ブラプラプロジェクト代表の篠塚さんは、246、世田谷通り、茶沢通りという大きな道路に分割された三茶エリアが一体になるようにと、いろんなアイデアを発信されています。今回はその篠塚さんに、三茶に対する想いやプロジェクトの裏側を、熱く語っていただきました。

妄想から現実へ 〜三茶をもっと元気にしたい〜

三茶スタッフ (以降「三茶S」):プロジェクト代表の前にゆうらく通り商店会会長ですよね?

篠塚:祖父の持ち物であるゆうらく通りの店舗を受け継ぎ、2007年に私が食堂としてオープンしました。当時のゆうらく通りは、やってるのかやってないのか分からないくらいいつもシャッターが閉まっていて、日中は人通りがなく閑散とした状態でした。とにかく「汚いから綺麗にしたい」という一心で、まずは店前の通りから活気有る通りに変えていこうとゆうらく通り会長に就任しました。古くからいらっしゃる店主方には新しい活動に乗り気ではなかったようですが、毎日の通りの掃除から始め、店先には緑を置くようにし、ご近所にはなるだけお声掛けして希薄だった横のつながり作りに努めました。

三茶S:それで、ゆうらく通りは活気ある通りに変わったのですね。

篠塚:おかげさまで。昔ながらのお店だけでなく、今では若手の経営するお店が増えました。しかも一日中どこかしらお店がオープンしてるので、おかげさまで人通りもあり安全な通りになりました。

三茶S:そこで次は対象エリアを、広く三茶にしたというわけですか…

篠塚:三茶は国道246と世田谷通りと茶沢通りで分けられているためエリアの動き自体が分かれてしまってるんです。何か一体となることをしたかったんですよ。

三茶S:そこで三茶ブラプラプロジェクトの立ち上げ?

篠塚:三茶にはクリエイティブな方が多くいらっしゃるので、せっかくならメディアに三茶をもっと売り出していけないかなと。そして、飲食店同士の繋がりや三茶に来る人たちへの発信になればと。それで、まず数多い飲食店を書き出し、自分が把握するためにマップ作りを始めました。広く活動を知って頂くには行政や地域との連携が重要ですので、きちんとした形作りから始めるため三茶ブラプラプロジェクトを立ち上げようとなったわけです。ただ自分の思いと行動と準備は進んでいるのですが…資金がねぇ?

三茶S:最初ってかなり賭け投資ですよね。

篠塚:そう思っていたら…ナントめちゃくちゃタイミング良くキリンのスミノフミュールイベントのお話があったんです。プロジェクトメンバーのエグゼクティブプロデューサー浅尾氏がメーカーさんとの間に入っていただき『三茶ブラプラプロジェクト』と考えがマッチし生まれたお話なんです。キリンさんにはブラプラプロジェクトのメンバー達が共に集めた情報を提供して、三茶の飲食店にスミノフミュールを紹介することに活かされたんです。

三茶S:それはとってもラッキーなお話ですね。

篠塚:タイミング良すぎですよね。おかげさまでプロジェクトが始動でき、第一弾、第2弾と立て続けにしかも盛況に行うことができました。

三茶S:第一弾、第2弾は商品の都合上アルコールが飲める飲食店を84店厳選したんですよね。

篠塚:もう厳選するのが大変でしたよ。なんせ三茶には数多くの飲食店がありますから。とりあえず横の繋がりが作れるように親交のあるお店から選びましたね。加盟店はイベント内容や取り扱う商品によって合うお店にお願いするので今後自由に変動し雑貨店や物販店も有りですね。出来るときに出来るお店で出来ることをやるつもりです。

三茶S:今後の展望は?

篠塚:温かみがあり人との繋がりをもてる街にしたい。そのためには昔からの地元の方と新しく外からいらした方が気軽に触れ合え年代にとらわれず三茶の街を大切にし盛り上げていける事をしたい。すでにとびっきりのネタはあるんですよ〜。ですが、地道に活動して行きますね。(ネタ情報は伺っておりますが、まだ公表していないためサイトには伏せさせていただきます)

三茶S:篠塚代表の名言(モットー)は?

篠塚:「なるようになる」、私は妄想族なので妄想を繰り広げているうちに案外現実と妄想が近づくんですよ。

三茶S:篠塚代表のような思い切った発想も思いつかない私ですが、たとえ妄想しても妄想どまりで現実とはいつも別物で平行線状態。近づくなんてありえない! というかそう決め付けちゃってるのは…きっと私自身なんですね(反省)。これからの三茶が楽しみです。

三茶ブラプラプロジェクト代表

篠塚 忍さん(食堂おさか店主)

渋谷神山町生まれ、世田谷育ち、池尻大橋在住。
皆で広げよう呑み師の和!三茶ゆうらく通り「食堂おさか」と「三宿(池尻)OSAKA」の代表。 遊楽商業協同組合 理事長、ゆうらく通り商店会 会長もしておられます。

プライバシーポリシー 三軒茶屋 リンクについて 三軒茶屋 お問い合わせ   Copyright (C)2009 三茶TRIP All Rights Reserved.
  パートナーサイト  駒沢公園倶楽部自由が丘℃マンスリーマンション 東京・神奈川・横浜・埼玉 快適マンスリー